マイクロスコープが広げる、デンタルサージェリーの未来。Case Studies

メディカル

歯科用顕微鏡 ライカ M320を導入されたタキノ歯科医院 瀧野 裕行先生にお話を伺いに、京都を訪れました。歯周治療、インプラント治療を専門としている瀧野先生に、デンタルサージェリーにおける、マイクロスコープの役割についてお聞きしました。

マイクロスコープ導入の動機は、高画質動画

 「実を言うと、私はずっとマイクロスコープには関心がありませんでした。」穏やかな笑顔で瀧野先生はおっしゃいます。「ずっと拡大鏡を使っていてそれで充分だと思っていましたし、マイクロスコープのような機器に頼らなくても、充分できることを実証したいという気持ちもありました。」そんな瀧野先生が、マイクロスコープの導入を考え始めたきっかけは、高画質な動画を撮りたいということでした。「講演会などでのプレゼンテーション用に、きれいな動画が撮れたらなと思いマイクロスコープの検討を始めました。」フルHDカメラ内蔵で、動画・静止画どちらでもクリアな画像を記録可能なライカ M320は、まさに瀧野先生のご要望にぴったりでした。

 

 

見えなかったものが、見える

「動画と同時に、ずっと使っていた3倍から5倍の拡大鏡に限界を感じてもっと高い倍率でよく見たいという気持ちもありました。」マイクロスコープに関心の無かった瀧野先生ですが、実際に使ってみると根本的な概念が変わるほどの衝撃を受けたそうです。「今まで見えてなかったものが、見えるようになった。それによって、治療のクオリティが全く変わりました。今まで、根管治療などの分野ではマイクロスコープの有効性は感じていたのですが、実際に使ってみると根管治療だけでなく、サージェリーを含む全ての分野で有効ですね。特に、デブライドメント(生体に外来から沈着した刺激物、およびそれによって変性した組織などを除去すること)においては、マイクロスコープを使ってみると今まで取り残していた部分があったことに気がつきました。」

ライカを選んだ決め手は、レンズの明るさ

「マイクロスコープの導入検討段階で、どれくらい見えるものなのか、日本で購入可能なほぼ全ての機種をデモしてもらって試しました。」その上でライカのマイクロスコープを選ばれた決め手になったのは、レンズの明るさと画像の美しさとおっしゃいます。「レンズが明るいので術野が鮮明に見える、ライカのレンズの明るさは他と比較しても圧倒的でした。また、フルハイビジョンカメラ内蔵で、動画も静止画も非常に鮮明です。動画は、ライカのマイクロスコープは長く撮れるので、長時間のサージェリーも記録できる、これはとても助かりますね。また、コンパクトで操作性がよく、デザインがスタイリッシュなところも気に入りました。」

マイクロスコープは不必要と考えていらした瀧野先生ですが、今ではすっかり ライカ M320を欠かせないツールとして使いこなして頂いています。

 

症例動画

 

上顎左側口蓋粘膜からの上皮下結合組織の採取。実際に必要な量よりも大きなパウチを形成したのち移植部位に対し、厚み・幅ともに充分な結合組織の採取を行う。

上顎左側側歯部の抜歯後、即時インプラント埋入。インプラント埋入後、周囲軟組織の保存と補填材の流出防止を目的として、上皮下結合組織を移植。移植片への血液供給を考慮し、緊密な縫合を行った。

タキノ歯科医院 (京都府京都市)瀧野 裕行先生

開業以来、15年間で1万人以上の来院数と年間150本以上のインプラント治療実績があり、大学講師と先端医療研修施設(JIADS)講師を務め、国内外での学会や、歯科医師向け講習会などで、講演活動を行っている。

歯科用顕微鏡ライカ M320

世界が認める光学性能と、多彩な先進機能の融合。ライカ M320は、目視の限界をはるかに超える「見え」を実現。焦点距離が簡単に調整できるマルチフォーカスレンズ、広い作業範囲の確保により長時間の治療も集中して行えます。内蔵フルHDカメラによるドキュメンテーションで、患者様の安心感や信頼度の向上が計れます。