電子顕微鏡で膜ダイナミクスをとらえる!新しいアプローチCase Studies

ライフサイエンス、工業・産業、電顕用試料作製
渡辺 重喜先生(ジョンズ・ホプキンス大学医学部 細胞学科)
お客様 渡辺 重喜先生
ジョンズ・ホプキンス大学医学部 細胞学科
業種 ライフサイエンス研究
対象物 神経シナプス
導入製品 高圧凍結装置 ライカ EM ICE

背景

神経シナプスにおける神経伝達因子放出の瞬間など、ミリ秒の膜ダイナミクスを可視化したい!その唯一の方法は「電気刺激と高圧凍結」を連携させること。ダイナミックな生命現象をパラパラ漫画のようにミリ秒単位の時間分解能で捉えることができます。

ソリューション

細胞の状態を瞬時に止めることのできる凍結固定でも、2100 bar(210 MPa)の圧力下で凍結する高圧凍結法では、非晶質に凍結できる深さが約200 μmと言われ、植物等のやや大きめな細胞、さらに組織レベルでの解析にも大いに役立つ手法となっています。

高圧凍結装置 ライカ EM ICE で、ダイナミックな構造変化を高度な時間分解能で保存!高圧下で含水試料を凍結固定して、新たな知見・世界の神秘を発見にお役立てください。

ホワイトペーパー

「電子顕微鏡と電気刺激」という新しいアプローチで、ミリ秒単位のダイナミックな生命現象を可視化した事例を、ジョンズ・ホプキンス大学医学部 渡辺 重喜先生にホワイトペーパーでご紹介いただきました。

簡単な無料登録を行っていただくと、すぐにダウンロードして全文をお読みいただけます。ぜひご一読ください!

無料ウェビナー

2017年3月に開催した渡辺先生によるオンラインセミナーも、簡単な無料登録を行っていただくと、すぐにご視聴いただけます。

 Revealing Cellular Dynamics with Millisecond Precision
– The New Tool That Turned Electron Micrographs into Motion Pictures of Neural Communication

オプトジェネティクスの手法を最先端の電子顕微鏡解析に応用。ミリ秒の時間分解能で神経コミュニケーションを可視化した事例をお話いただいたオンラインセミナーです。光刺激と電気刺激の違い、サンプル前処理の重要性と課題などから、電気刺激に関する発表前のプレリミナリーなデータも含む貴重な内容になっています。こちらも合わせてぜひご覧ください。

高圧凍結装置
ライカ EM ICE

ライカEM ICEは、電気刺激モードが搭載可能な唯一の高圧凍結システム。1nmスケールの構造的な分解能とミリ秒単位の時間分解能を実現した、高圧凍結を施す準備が整いました。刺激的でわくわくするソリューションです。

Department of Cell Biology, Johns Hopkins University School of Medicine Shigeki Watanabe, Ph.D.

Shigeki Watanabe, Ph.D.

https://cellbio.jhmi.edu/people/faculty/shigeki-watanabe-phd

Publications

http://www.watanabelab-emanias.com/publications/

高圧凍結装置EM ICE

ライカEM ICEは、電気刺激モードが搭載可能な唯一の高圧凍結システム。1nmスケールの構造的な分解能とミリ秒単位の時間分解能を実現した、高圧凍結を施す準備が整いました。刺激的でわくわくするソリューションです。