Amazon.co.jp でライカの顕微鏡をご購入いただけます

購入可能な製品を見る

日大松戸辻本恭久先生インタビュー

インタビュー

治りにくい虫歯の原因を見極めるには? ~マイクロスコープを用いた歯科治療~

マイクロスコープを用いて、肉眼で見落とした部分を治療

肉眼での治療では、きちんと見えなかった部位というのがどうしても出てきてしまいます。
例えば、奥の歯です。大臼歯なんかは、角度によっては肉眼では見えづらく、ミラーを使っても、細かいところが見えない場合もあります。

そういった場合、マイクロスコープを使って拡大したものを明るい視野のもとで見ていると、「こんなところに取り残しがあった」とか、「歯石が残っていて駄目だった」等の原因が明確に分かります。そこをしっかりと除去するなど適切な対応ができます。その他に、充填したあとなど、例えば、コンポジットレジンを充填して、肉眼でうまく研磨したつもりでも、実は段差がかなりあることに気がついたりします。 特に、金属のインレーを充填してきれいに仕上げたつもりでも、マイクロスコープで見ると、必ず段差があります。マイクロスコープを使えば、精度のいい正確な治療ができるので、患者さんにとってもハッピーですし、われわれもちゃんとした治療ができてハッピーです。

患者さんも納得しながら治療を受けられることがメリット

治療の際には、マイクロスコープを使って術前に「こういう状況なので、こういう治療がありますけれど、どうしますか」という説明をします。そして、ご自身の歯がどういう状況かをしっかりと患者さんに分かっていただいてから治療を始めるようにしています。

また、治療前だけではなく、治療中にもマイクロスコープの画像をお見せしながら、経過をお伝えすることがあります。例えば、充填されているのを外したときの状態をお見せして、こういう状況ですとお伝えしながら治療を進める場合もあります。また、レントゲン写真と実際のお口の中の映像を直接お見せして状況をお伝えすることもあります。

Previous: 治りにくい虫歯の原因を見極めるには? ~マイクロスコープを用いた歯科治療~

回答者全員にライカのロゴ入りジェットストリームボールペンプレゼント中!アンケートにご協力ください

ライカのウェブサイトはこちら

ライカ 歯科用マイクロスコープ

マイクロスコープ導入事例