Leicaエクスペリエンスラボ

インプラントマイクロサージェリーWebinar

症例

せん歯科医院(神奈川県横須賀市)
千 栄寿先生

 

 

Maxillary sinus floor elevation(上顎洞底挙上術)の一手法であるLateral window technique: 拡大している上顎洞、および/または歯槽骨の垂直性の欠損が生じている上顎臼歯部へのインプラント埋入のための増生術式・上顎洞底挙上術において、Lateral windowを形成する際にはMaxillary sinus membraneの穿孔に細心の注意が必要である。
顕微鏡拡大下にて、骨とMaxillary sinus membraneの境界をゾンデにて触診し判別をしながら、sinus membraneを手用器具(ハンドインスツルメント)とPiezoデバイスを用いてアクセスを完遂する。
その後、scaffoldとなるgraft materialを移植して、術後にgraft materialの口腔への流失と移動による手術創離開を防止する目的でチタンメッシュを小さなチタンタックで固定する。
麻酔専門医による静脈内鎮静法にて施術しているので、呼吸のタイミングと同調したsinus membraneの動きに注意をしながら手術を進める。
われわれはインプラントに関連する外科処置の限界点を変えるためにマイクロサージェリーを様々な局面において実践してきている。
インプラントマイクロサージェリーは従来の手術理論の延長線上にあり、手術理論そのものを変えることではない。
ただ単に確実な治癒のためにマイクロスコープを用いて行われる手術アプローチである。
拡大は損傷のない軟組織と硬組織の取り扱いのために使用され、創傷治癒を高いレベルで促進する。