Leicaエクスペリエンスラボ

第5回ABiS電子顕微鏡トレーニング(平成29年度第2回) クライオTEM/SEM試料作製実践ワークショップ「Leica EM ACE900 vs ACE600FF」Workshop & Seminar

セミナー概要

電子顕微鏡試料作製から、電子顕微鏡観察・画像取得までの実践的なトレーニング/ワークショップです。

現在、生体試料(細胞、タンパク質)や、流体試料(エマルジョン、インク)などの含水試料を、一切の化学固定を行わず、水を含んだ生来の状態まま観察できる非常に有用な手法として、クライオ電子顕微鏡法が注目されています。そこで、今回のトレーニング/ワークショップでは、凍結割断に関わる2つの機種、Leica EM ACE900とACE600FF、を並べて使用し、両機の比較・検討を行います。

< 使用予定機器 >

高圧凍結装置
ライカEM HPM 100(現行モデル:ライカEM ICE )
自動浸漬凍結装置
ライカEM GP
凍結割断装置
ライカEM ACE900、日本電子 JFD-II
高真空コーティング装置
ライカEM ACE600 FF
トランスファーシステム
ライカEM VCT100(現行モデル:ライカEM VCT500 )
電子顕微鏡
TEM: JEM-2100、クライオSEM: JSM-6701F
日程

2017年(平成29年)8月16日(水)~18日(金)

スケジュール

第1日目:8月16日(水)
午前:凍結技法、凍結割断法の講義
午後:Leica EM HPM100、EM GPを用いた凍結実験
   凍結割断装置(Leica EM ACE900、EM ACE600FF)の紹介

第2日目:8月17日(木)
午前 : 凍結割断 ~ レプリカ作製
午後 : 凍結割断 ~ クライオSEM観察

第3日目:8月18日(金)
レプリカ膜のTEM観察

場所

理化学研究所 放射光科学総合研究センター(SPring‐8キャンパス)
RSC-兵庫県立大学リーディングプログラムセンター

定員

10名程度

受講対象

電子顕微鏡試料作製における凍結技法に興味をお持ちの方
電子顕微鏡法に関する経験がありスキルアップを目指している方

参加費

10,000円

ただし、日本顕微鏡学会、または綜合画像研究支援(IIRS)の会員は、5,000円

会場にて現金でお支払い下さい。

主催

新学術領域研究学術研究支援基盤形成先端バイオイメージング支援プラットフォーム(ABiS)

兵庫県立大学大学院生命理学研究科

ライカマイクロシステムズ(株)

理化学研究所放射光科学総合研究センターRSC-兵庫県立大学リーディングプログラムセンター

日本顕微鏡学会生体解析分科会

認定NPO法人綜合画像研究支援(IIRS)

講師

宮澤淳夫、西野有里 (兵庫県立大学大学院生命理学研究科)

伊藤喜子、石原あゆみ (ライカマイクロシステムズ(株) / 兵庫県立大学客員教員)

申し込み方法

下記、申し込みフォームより必要事項をご記入の上、お申し込みください。

※日本顕微鏡学会 および綜合画像研究支援(IIRS) 会員の方は、お支払時に会員価格を適用させていただきます。

※本トレーニングへの申込時には役職の明記をお願いします。

※学生の場合は、役職欄に学年の記載をお願いします。

※お申し込みの際には、備考欄に下記についてご記入をお願いします。

・科研費情報:種目、課題名、研究期間、研究代表者(ポスドク、学生等の方は、指導教員の科研費情報をご記入下さい。)

申込締切日

2017年(平成29年)8月14日(月)

アクセス

理化学研究所 放射光科学総合研究センター(SPring-8)

http://www.spring8.or.jp/ja/about_us/access/access_chart

※開催場所のRSC-兵庫県立大学リーディングプログラムセンターは、理化学研究所放射光科学総合研究センター内にあります。近隣に兵庫県立大学理学部、CAST(兵庫県立先端科学技術支援センター)などの研究施設がありますが、お間違えのないようご注意下さい。

※姫路駅、相生駅からSPring-8行のバスがあります。

・JR山陽線/山陽新幹線・相生駅よりウエスト神姫バスにて40分

・JR山陽線/山陽新幹線・姫路駅より神姫バスにて70分

※バス時刻表:http://www.spring8.or.jp/ja/about_us/access/bus_schedule

(8月14日、15日は、土日祝ダイヤで運行されます)

その他

・ご不明な点などがありましたら、下記お問合せ先に必要事項をご記入の上、ご連絡下さい。

・定員に達してしまった場合や日程が合わない等の場合は、次回トレーニング/ワークショップ予定などご案内できることがありますので、併せてご連絡いただければ幸いです。

・トレーニングの様子を撮影することがございます。予めご了承ください。

・本トレーニングは3日間のコースとなっていますが、ご都合により1日間、または3日間だけの参加でも構いません。その場合、備考欄に参加日の明記をお願いします。

お申し込み
日時 定員 参加費 お支払い
方法
受付状況
2017年08月16日 (水) 10:30 - 2017年08月18日 (金) 17:30 10名 10000円 会場支払 受付終了
お問い合わせ
お問い合わせはこちら
必要事項をご記入の上お問い合わせ下さい。

※今回のワークショップにご参加いただくことが難しい方で、次回の開催時に案内をご希望される場合は、その旨を添えてお問い合わせください。

※定員のため募集を締め切った後でも、ご見学のみであれば、ご案内可能な場合がございます。下記e-mailアドレスまで「電子顕微鏡試料作製ワークショップ 見学希望」とご明記のうえご連絡ください。
lmc@leica-microsystems.co.jp