第37回日本脳神経外科コングレス総会 ランチョンセミナーのお知らせWorkshop & Seminar

セミナー概要

テーマ:
マルチスペクトラル蛍光画像による脳神経外科手術革命

「ライカ マイクロシステムズは、脳神経外科分野での蛍光観察をデジタル化しようとマルチスペクトラル蛍光技術の開発を進めている。 その第一弾がICG蛍光画像のデジタル化である。 演者自身が暖めている技術アイディアとも親和性が高いものとして、密接な共同開発を進めているところである。 本セミナーでは、デジタル化したICG蛍光画像技術の技術的な概略と、いくつかの実症例へ適用した事例について報告をする。その中の一例であるが、カテーテル治療できなかった脳底動脈瘤のクリッピングにおいて、静脈、穿通枝の温存、さらにクリップの状態の把握などの面で非常に有用であった。」

座長 伊達 勲先生(岡山大学大学院 脳神経外科)
演者 鎌田 恭輔先生(旭川医科大学大学院 脳神経外科)

詳しくはこちら

日時・会場

日時:2017年5月13日(土)12:20~13:10
会場:第6会場 パシフィコ横浜 会議センター4F

パシフィコ横浜へのアクセス

共催

第37回日本脳神経外科コングレス総会 / ライカ マイクロシステムズ株式会社

お知らせ受信設定

下記フォームよりメールアドレスをご登録いただくと、マルチスペクトラル蛍光技術の最新情報を、いち早く受け取ることができます!

個人情報保護方針

ご不明点・ご質問は、お問い合わせください。
lmc@leica-microsystems.co.jp
Tel: 03-6758-5630


 

関連情報

手術中に快適な姿勢を取ることができれば、きわめて精密な作業にもフォーカスし続けることができます。ライカ M530 OH6 は個別のニーズに適合できるように設計されています。外科医の厳しい要求に耳を傾け、それをインテリジェントな人間工学の特徴に反映させました。
詳しくはこちら

5月11日からパシフィコ横浜で開催される、第37回日本脳神経外科コングレス総会で、ライカ M530 OH6 を直接ご覧いただけます!会場へお越しの際は、ぜひライカブースへお立ち寄りください。
会場図はこちら

ライカ M530 OH6の製品デモをご希望される方は、下記よりご登録ください。

個人情報保護方針