微小部分析金属顕微鏡ワークフロー/LIBS顕微鏡を用いて、リチウムイオン二次電池上の金属異物を3分で分析する手順

ものづくりと顕微鏡

微小部分析金属顕微鏡ワークフロー/LIBS顕微鏡を用いて、リチウムイオン二次電池上の金属異物を3分で分析する手順

外観検査から、拡大観察・イメージング・元素分析・データ出力まで約3分

DM6 M LIBS は、たったの数分でリチウムイオン電池材料上の金属異物を検出し、元素組成を分析する最新ソリューションです。金属顕微鏡で大気圧下、試料調整不要で、手間のかかる分析作業を大幅に短縮してくれます。ライカの高性能電動顕微鏡にLIBS分析システムを搭載したオールインワン金属顕微鏡は、観察用の顕微鏡としても毎日利用できる、使い勝手抜群の1台です。

たったの1~3分

Step 1. サンプルを解体して顕微鏡ステージに載せる。
Step 2. 任意の倍率・観察方法で外観検査を行います。
Step 3. 分析対象部位の視野探しも電動制御で簡単。
Step 4. ボタン一つでレーザーパルスを照射します。
Step 5. 結果を素早くレポーティング。

電池容量の低下や寿命の短縮、発火の原因にもなる微小金属異物の検出に新しい選択肢

混合異物の量と組成を把握するには、ICP発光分光分析法(ICP-AES)、エネルギー分散型X線分光法(SEM-EDX)、蛍光X線分析法(XRF)などを用いた分析を行うことが一般的ですが、分析手法ごとにさまざまな悩みがありました。異物の個数や大きさを判別することが出来ない、リチウムやナトリウムなどの軽元素を検出することが出来ない、試料内部の異物を検出することが出来ない、または時間がかかり過ぎる、などが挙げられます。 そこで提案したいのが、ライカの微小部分析金属顕微鏡 DM6 M LIBS です。電池材料のセパレータや負極材なども、前処理なしでそのまま元素分析可能。金属異物の個数とサイズ、組成、顕微鏡画像を、数秒で出力します。一般的な顕微鏡と同じ操作で、大きな試料から小さな試料まで幅広く観察。外観検査から化学分析までの一連のワークフローに1台で対応することができます。

試料内部の異物の同定も可能です。
金属異物の個数とサイズ、組成、顕微鏡画像を、数秒で出力します。
試料の大きさや形状、形態にかかわらず前処理は不要です。

化学構造フィンガープリントによる無機物の検出

DM6 M LIBS は、検出された分子の構造を、データベースにある参照物質の化学構造と比較することで、金属異物が含まれているかどうかの確認を素早く行います。外観検査の情報と元素分析結果を併せてレポーティングすることで、全体像と観察部位の関係性も解りやすく伝えることが出来ます。

リチウムやナトリウムなどの軽元素、金属異物の検出が可能です。
フィンガープリント用のライブラリは、随時拡張が可能です。
金属顕微鏡をベースにしているから、ナビゲーションがしやすい。

工業材料試料作製・観察ワークショップ 電子材料部品、複合材料、表面加工品、各種素材、原料等の工業材料を対象とした「試料作製・観察ワークショップ」を全国各地で開催しています。試料の作製方法から顕微鏡観察、画像処理アプリケーションをご紹介!作製したい試料をご持参いただき、ご自身の試料で評価いただけます。次回は7月末に東京ラボで開催。開催概要は、メールマガジンでご案内しています。

微小部分析金属顕微鏡
DM6 M LIBS

プロダクティブな時間を過ごそう!金属顕微鏡と組成分析装置が一体化したオールインワン金属顕微鏡 DM6M LIBS。金属顕微鏡で拡大観察している試料に直接パルスレーザーを当てて組成分析を行うことができれば、微小部分析にかかる時間は90%も短縮できる!試料の大きさも形状も選ばない、試料調整不要の組成分析ソリューション。観察から元素情報のスクリーニングまで、手間のかかる一連の作業を、毎日使える使い勝手抜群の金属顕微鏡1台で。

微小部分析金属顕微鏡
キーワード
KEYWORD

関連する記事

微小部分析金属顕微鏡ワークフロー/LIBS顕微鏡を用いて、はんだに含まれる鉛を3分で検出する手順

微小部分析金属顕微鏡ワークフロー/LIBS顕微鏡を用いて、はんだに含まれる鉛を3分で検出する手順

ものづくりと顕微鏡

微小部分析は手法を見直すだけでダウンタイムを90%も短縮できる

微小部分析は手法を見直すだけでダウンタイムを90%も短縮できる

ものづくりと顕微鏡

デジタルマイクロスコープと倍率の考え方―倍率は高ければいい?

デジタルマイクロスコープと倍率の考え方―倍率は高ければいい?

ものづくりと顕微鏡

ISO16232/VDA19 に準拠した異物解析―国際標準規格はなぜ必要なのか

ISO16232/VDA19 に準拠した異物解析―国際標準規格はなぜ必要なのか

ものづくりと顕微鏡

人気の記事

カテゴリーで探す
CATEGORY
キーワードで探す
KEYWORD
キーワードをもっと見る
メールマガジン登録
MAIL MAGAZINE

業務・作業の効率化に役立つ顕微鏡知識をお届けしています。

興味のある顕微鏡の種類

私は、ライカマイクロシステムズ、および、その関連企業(一覧はこちら)から、製品やサービスに関する情報提供を、電話、テキストメッセージ、および/または、電子メールで受け取ることに同意致します。

私は、ライカマイクロシステムズの利用規約とプライバシーポリシーを確認し、内容に同意したうえで、フォームを送信します。
また、ライカマイクロシステムズのプライバシーポリシーでは、私の個人情報の取り扱いに関する選択肢が提供されていることを理解しています。

お問い合わせ
CONTACT
不明点・ご質問は、
お気軽にお問い合わせください。