電顕観察のクオリティアップに!
電顕試料作製ワークショップ

EM Sample Preparation Workshop

電顕試料作製ワークショップの最新情報を
いち早く受け取るには

ライカマイクロシステムズでは、クライオSEM・TEM法の基礎やアレイトモグラフィー向け連続切片作製など、
毎回さまざまなテーマで、実習を交えたワークショップを開催しています。
ライカのメールマガジンにご登録いただくと、開催案内をいち早くお受け取りいただけます!

ワークショップ紹介

WORKSHOP INFOMATION

  • 受付終了

    2020年9月17日(木)、18日(金)

    2020年度 (令和2年度) 第2回 、第15回ABiS電子顕微鏡トレーニング(オンライン) SEM アレイトモグラフィーに向けた新型ウルトラミクロトーム ARTOS 3D

    透過電子顕微鏡・走査電子顕微鏡をはじめ幅広い分野で定評の、Leica社の各種電子顕微鏡前処理装置システムをご紹介するオンラインセミナーのシリーズです。

  • 受付終了

    2020年8月25日(火)、26日(水)

    2020年度 (令和2年度) 第1回 、第14回ABiS電子顕微鏡ミニ・トレーニング(オンライン)   クライオ電子顕微鏡のスクリーニング・相関のための最新クライオ蛍光顕微鏡システム   THUNDER EM Cryo CLEM

    CryoCLEMワークフロー
    透過電子顕微鏡・走査電子顕微鏡をはじめ幅広い分野で定評の、Leica社の各種電子顕微鏡前処理装置システムをご紹介するオンラインセミナーのシリーズです。

    ●THUNDER EM Cryo CLEM のご紹介

    第一弾は、クライオTEM法 、クライオ電子線トモグラフィー、その前処理のCryo FIB SEM法 のための観察・検索・相関に最適化した最新クライオ蛍光顕微鏡システムです。再現性良くハイスループットとご好評いただいている従来機に寄せられた様々なリクエストを盛り込み、さらに、各種光学顕微鏡で大変ご好評いただいているTHUNDERイメージャーの技術を搭載しリニューアルしました!

    THUNDERイメージャーとは、Computational Clearing と呼ばれる新しいオプトデジタル方式により、蛍光ボケを徹底排除しハイスループットに超高精細蛍光イメージングする次世代型蛍光顕微鏡です。用途に合わせて幅広いラインナップのTHUNDERイメージャーファミリーの中で、「THUNDER EM Cryo CLEM」は、Leicaの電顕前処理で培ったクライオ技術を融合した最もユニークな1機種になります!
    https://www.leica-microsystems.com/jp/%E8%A3%BD%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B/thunder-imaging-systems/

    seethroughthehaze_光顕THUNDER処理有り無し画像

  • 受付終了

    2020年8月20日, 21日

    【デモ機を体験するセミナー】最新共焦点プラットフォーム STELLARIS オンラインセミナー(2020年8月20日, 21日)

    【ライカの新しい共焦点レーザー顕微鏡 STELLARISのデモ機を体験するオンラインセミナーを開催します!!】

    ライカの新しい共焦点レーザー顕微鏡STELLARIS(ステラリス)は、より生命の真実に迫るために「POWER、POTENTIAL、PRODUCTIVITY」の3つを新たに創造しました。

    STELLARISを構成する3つの要素と、革新的なイメージングをもたらす最新光学技術について、ライカの経験豊富なアプリケーションスペシャリストが、
    実際のデモ機をオペレーションをして、デモサンプルを撮影しながら機能をご紹介いたします。

終了したワークショップの次回開催予定についてはお問い合わせください。 お問い合わせはこちら

ワークショップにご参加くださった皆様の声

USER VOICES

  • 尿細管細胞内のミトコンドリアリソソームに興味があり、立体構造が見られれば面白いと思っております。連続切片の作り方だけでなく、ガラスナイフや、エポン削りのところから解説していただけたので、期待以上の収穫でした。

  • 粒度分布計や、一般的なTEMの前処理では判別できないような粒子の分散、凝集状態を観察することが出来るのではないかと思い参加しました。実際の手順や観察手法を見ることができて、どのような手段がどんなサンプルに適しているかを判断する手がかりとなり、勉強になりました。多くの意見を聞くことができ、分かりやすかった。

  • クライオSEMに必要な機器や具体的手法、どんな画像が得られ、そこからどんな情報が得られるのかが知りたかったので参加しました。一連の実験フローを見ることができ、イメージがわきやすかったです。今後検討すべき内容が明確になりました。

  • クライオSEM観察や試料の前処理方法の参考にさせていただきたく参加致しました。実際にクライオSEMを使用したり、エッチングもリアルに観ることができて期待以上でした。

  • 今後の創薬研究への応用方法について、ヒントを見つけたい、考えたいと思い、実際のクライオSEM技術を見学し、操作方法を学ぶために参加しました。とても分かりやすくご教授いただきましたので、非常に参考になったと共に、勉強不足を痛感致しました。

  • 今まで、マクロ情報から想像するしかなかった食品中の構造的特性を見える化してみたいと思っていました。構造情報を基に、製品開発の指標や品質管理に活用したい。電子顕微鏡の使用自体が初めてでしたが、一連の操作を見ることが出来て大きな収穫となりました。

経験豊富な講師陣

HIGHLY EXPERIENCED APPLICATION SUPPORT SPECIALIST

ワークショップ中は、経験豊富な講師陣がしっかりとサポート致します。
これから電子顕微鏡観察を始めたい方も、スキルアップを目指している方も、
生物系・材料系のお仕事で電子顕微鏡試料を取り扱うことがある方全員におすすめのワークショップです。

トレーニング講師
伊藤喜子(ライカマイクロシステムズ株式会社、シニアアプリケーションスペシャリスト)
長澤忠広(ライカマイクロシステムズ株式会社、シニアアプリケーションスペシャリスト)
石原あゆみ(ライカマイクロシステムズ株式会社、アプリケーションスペシャリスト)

自分では「見えている」と思っていたものが、なんと過剰なエッチング等によるアーティファクトも含むものだったということが判明しました。ライカの専任スタッフの方に指摘されて初めて気がついたんです。知識を身につけ根気よく挑戦し続けることで、感動的な成果を得ることが出来ました。ライカのみなさまには、時には厳しくも的確なアドバイスをいただきつつ、これからも私たちの研究をサポートしていただきたいと思います。

関連製品

RELATED PRODUCTS

各プロセスごとにサブミクロン、ナノレベルの高い精度が求められる電子顕微鏡用試料作製プロセスには、
シームレスなワークフローが必要不可欠です。
あらゆる試料作製ニーズにお応えする製品ランナップの中から、最適な一台をお選びください。

※SEM:走査電子顕微鏡法、TEM:透過電子顕微鏡法、Cryo (FIB) SEM法:クライオ走査電子顕微鏡、Cryo TEM:クライオ透過電子顕微鏡法、AFM法:原子間力顕微鏡法

メールマガジン登録
MAIL MAGAZINE

メールマガジンにご登録いただくと、開催案内をいち早くお受け取りいただけます!

私は、ライカマイクロシステムズ、および、その関連企業(一覧はこちら)から、製品やサービスに関する情報提供を、電話、テキストメッセージ、および/または、電子メールで受け取ることに同意致します。

私は、ライカマイクロシステムズの利用規約とプライバシーポリシーを確認し、内容に同意したうえで、フォームを送信します。
また、ライカマイクロシステムズのプライバシーポリシーでは、私の個人情報の取り扱いに関する選択肢が提供されていることを理解しています。

お問い合わせはこちら