• トップページ
  • セミナー
  • 【Leica Webセミナー】
    植物科学での蛍光寿命イメージングの可能性 –FLIM、はじめました-

受付終了

【Leica Webセミナー】
植物科学での蛍光寿命イメージングの可能性 –FLIM、はじめました-

概要

 

近年の光学顕微鏡システムの革新は、生体内でおこる様々な生命反応を定量的に可視化することを可能にしつつある。中でも、蛍光寿命イメージング(Fluorescent Lifetime Imaging: FLIM)は、タンパク質相互作用の動態やダイナミックなバイオセンサーの挙動などを暴き出す強力な生体イメージング技術として活用されている。一方、国内の特に植物科学研究において、それらを利用した研究例は非常に限られている。その理由として、ユーザーとなる植物科学研究者の間でFLIM解析の利点やノウハウが共有されていないことに加え、ユーザーフレンドリーでない蛍光寿命顕微鏡システムを「動かす」ことへの心理的な高いハードルが起因していると思われる。本セミナーでは、演者が「根の病害抵抗反応」を理解する研究に取り組む中で、近年Leica蛍光寿命顕微鏡SP8 FALCONを利用してきた経験を基に、ユーザー側の視点から、植物研究における蛍光寿命イメージングの技術的ノウハウとその可能性を紹介したい。

 

日程

2021年11月19日(金)

16:00~16:45

 

参加方法 *本セミナーはオンライン開催です

イベント参加方法の詳細は、お申込み締め切り後に、メールにてご参加予定の皆さまへご案内させていただきます。

Zoomまたは、Microsoft Teamsによる開催を予定しています。

 

参加費

無料

定員

120名

お申し込み

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

お申し込み締め切り
11月17日(水) 12:00

受付状況 日時 定員 参加費 お支払い
方法
受付終了 植物科学での蛍光寿命イメージングの可能性 –FLIM、はじめました-
2021年11月19日 (金) 16:00 - 16:45
120名 無料