セミナー

1〜9件を表示/全87件

工業材料試料作製・観察ワークショップ 東京(2020年5月12日~14日)

工業材料試料作製・観察ワークショップ 東京(2020年5月12日~14日)

ユーザー、研究者の方

毎回好評の、表面加工品、電子材料部品、複合材料、各種素材・原料等の工業材料を対象とした「試料作製・観察ワークショップ」。 ご自身の作製したい試料を持込み、試料の作製方法から顕微鏡観察、画像解析と表面形状観察、元素分析まで可能なシステムまで体験いただけます。 参加費無料、ぜひご予約ください。(すべて予約制となっております。

詳しくみる
工業材料試料作製・観察ワークショップ 名古屋(2020年4月14~15日) & ISO16232セミナー(4月16日)

工業材料試料作製・観察ワークショップ 名古屋(2020年4月14~15日) & ISO16232セミナー(4月16日)

ユーザー、研究者の方

毎回好評の、表面加工品、電子材料部品、複合材料、各種素材・原料等の工業材料を対象とした「試料作製・観察ワークショップ」。 ご自身の作製したい試料を持込み、試料の作製方法から顕微鏡観察、画像解析と表面形状観察、元素分析まで可能なシステムまで体験いただけます。

最終日には「ISO16232:自動車部品の清浄度検査を知るセミナー」を名古屋初開催。部品清浄度測定、付着残渣の分析が必要だが、何から始めたらよいのかわからない!とお困りの方に最適。
ワークショップ、セミナーとも参加費無料となっております。ぜひご予約ください。(予約制となっております)

詳しくみる
工業材料試料作製・観察ワークショップ 大阪(2020年4月22~23日)

工業材料試料作製・観察ワークショップ 大阪(2020年4月22~23日)

ユーザー、研究者の方

毎回好評の、表面加工品、電子材料部品、複合材料、各種素材・原料等の工業材料を対象とした「試料作製・観察ワークショップ」。 ご自身の作製したい試料を持込み、試料の作製方法から顕微鏡観察、画像解析と表面形状観察、元素分析まで可能なシステムまで体験いただけます。 参加費無料、ぜひご予約ください。(すべて予約制となっております)

詳しくみる
2019年度 (令和元年度) 第3回、第13回 ABiS 電子顕微鏡トレーニング/電顕試料作製ワークショップ 15(同時開催)開催概要「SEM アレイトモグラフィーに向けた新方式ウルトラミクロトーム ARTOS 3D による連続切片作製トレーニング」

2019年度 (令和元年度) 第3回、第13回 ABiS 電子顕微鏡トレーニング/電顕試料作製ワークショップ 15(同時開催)開催概要「SEM アレイトモグラフィーに向けた新方式ウルトラミクロトーム ARTOS 3D による連続切片作製トレーニング」

ユーザー、研究者の方

本トレーニングでは、SEM アレイトモグラフィーのための連続リボン状超薄切片作製の実践的なトレーニングを行います。

詳しくみる
<初・中級者向け ImageJ 基礎講座> 機械学習を使った画像解析

<初・中級者向け ImageJ 基礎講座> 機械学習を使った画像解析

ユーザー、研究者の方

● 二値化などでは上手く細胞を分けられない
● AIや機械学習のことを学んでみたい

そんなお悩みをお持ちの方にオススメのワークショップ&セミナーです。

今回は、
● AIや機械学習の内容を理解を深めながら画像解析方法が学べます。
● 座学形式でImageJ Fijiの機械学習を使用した画像解析が学べます。

詳しくみる
nanotech 2020機器展示(2020年1月29日~31日)

nanotech 2020機器展示(2020年1月29日~31日)

ユーザー、研究者の方

東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催される「nano tech 2020」にて、光学顕微鏡で異物、コンタミなどを自動検出した後、分類・大きさ・個数などを自動測定、さらにLiなどの元素分析も可能にしたLIBS分析装置や、デジタルマイクロスコープの機器展示、および回転式ミクロトーム、試料作製装置のパネル展示を行います。
ベックマン・コールター(Danaherグループ会社)のコラボレーション展示です。ぜひご来場ください。

● 来場特典 ● サンプル持込して新製品DM6 M – LIBS実機の簡易評価が可能です。(事前にお申し込みください)

※クローズな環境ではなく、オープンスペースでのご評価となります。ご了承ください。

詳しくみる
ISO16232:自動車部品の清浄度検査を知るセミナー(2020年2月18日)

ISO16232:自動車部品の清浄度検査を知るセミナー(2020年2月18日)

ユーザー、研究者の方

▼▼▼ライカ&ポールジョイントセミナー▲▲▲ 

自動車パワートレーンの高性能化・小型化が進む中、故障の原因となる微粒子管理は、流体部品に留まらず、リチウムイオンバッテリや電子部品にまでクリーンな部品への要求が高まっています。ISO16232が発行され、自動車部品の清浄度検査が標準化される中、顕微鏡を使った管理手法も広がりを見せています。当セミナーでは、ISO16232の概要、評価手順に加え、クリンリネス・キャビネット、光学顕微鏡、LIBS分析装置を使った清浄度検査へのアプローチと、一部実機もご紹介いたします。

部品清浄度評価や付着残渣分析が必要だが、何から始めたらよいのかわからない、データや人的リソースが限られている、などお困りの方に最適。参加費無料です、ぜひご予約ください。

詳しくみる
2019年度(令和元年度)第2回、第12回ABiS電子顕微鏡トレーニング / 電顕試料作製ワークショップ 14(同時開催)開催概要 「クライオ試料作製・観察 ~クライオSEMによる含水試料の観察~」

2019年度(令和元年度)第2回、第12回ABiS電子顕微鏡トレーニング / 電顕試料作製ワークショップ 14(同時開催)開催概要 「クライオ試料作製・観察 ~クライオSEMによる含水試料の観察~」

ユーザー、研究者の方

本トレーニングは、試料の凍結から始まるクライオSEMの実践的なトレーニングを行います。今回は、①高圧凍結、②凍結割断、③凍結切削(面出し)、④クライオ・コーティング、および ⑤クライオSEM観察を、クライオSEMのためのクライオトランスファーシステム(VCTシステム)でリンクさせた装置システムの実習を行います。

詳しくみる
第 42 回日本分子生物学会年会バイオテクノロジーセミナー共催  「光学顕微鏡と AI 技術との融合の可能性」

第 42 回日本分子生物学会年会バイオテクノロジーセミナー共催 「光学顕微鏡と AI 技術との融合の可能性」

ユーザー、研究者の方
光学顕微鏡ユーザーの方

限られた時間で、いかに効率的に、最大限の結果を出すか、という点に注目し、超高精細画像を高速に取得できるイメージングシステム THUNDER と、AI によるスピーディな画像検証・構築を可能にするAI 自動アノテーションシステムを組み合わせた次世代イメージングワークローの可能性を提案します。

詳しくみる