• Facebook
  • Twitter
  • Share
  • Share
インダストリー 2021.02.09

New Normal時代は分析業務もテレワークで!遠隔操作・観察できるスマート顕微鏡

ライカ DM6 Mのカタログはこちら

イメージングソフトウェア Leica Application Suite X の詳細はこちら

新型コロナウイルスの流行により、世界はNew Normal時代に突入しました。研究開発や品質管理における分析業務についても、テレワークの導入が急務となっています。
ライカでは、Web会議システムを利用して顕微鏡を遠隔操作するソリューションをご提供しています。

 

顕微鏡の遠隔操作でテレワークを実現

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、製造業や各種研究機関でも出社制限が実施されています。しかし、研究者・技術者の施設への立ち入り制限は、研究開発や品質管理業務に支障をきたす恐れがあります。
リモートで研究を進められるシステムや、実験を自動化できるスマートラボ等の環境構築によって、研究者・技術者のテレワーク・リモートワークを可能にすることが急務となっています。

 

テレワーク導入の不安を解決

ライカの顕微鏡を使った分析業務にも、テレワークを導入できるのか?そんな不安にお答えします。

A:不要です。ライカの顕微鏡は、汎用的なWeb会議システムと併用することによりテレワーク環境を構築できます。特別なインフラやツールを導入する必要はありません。

 

A:はい、ライカの自動化対応の顕微鏡はハードウェアとソフトウェアが連動しており、PCから操作できます。汎用的なWeb会議システムを使えば、テレワークでの遠隔操作が可能です。装置へのアクセスを最小限に抑えつつ、高いクオリティの結果を得ることができます。

 

A:画像の分析やレポートの作成はもちろん、Web会議でそのデータを他メンバーと共有・検討することも可能です。

 

テレワーク導入のメリット

顕微鏡を使った分析業務へのテレワーク導入には、以下のようなメリットが考えられます。

  • 施設に滞在する人員や、滞在時間を減らしても、業務の停滞を回避できる
  • 機器を共用化することにより、保守費や設備費の軽減、スペース利用の効率化を狙える
  • クリーンルーム内でのIn-Situ試験などにも応用できる
  • 研究者・オペレーター同士が離れていても意思疎通ができる、エキスパートの知識やノウハウが共有しやすい

遠隔操作で、ここまでできる!

ライカの光学顕微鏡DM6 M+画像解析ソフトウェアLAS Xのシステムに、Web会議システムを組み合わせると、遠隔操作で以下のような作業が可能になります。

  • ハードウェア操作:対物レンズの切り替え、観察方法の切り替え(暗視野⇔明視野、蛍光⇔明視野など)、フォーカス調整、ステージの移動
  • 測定条件の呼び出し(過去に撮影した写真の顕微鏡・カメラ条件と同じ条件に戻す)
  • 画像の撮影(1枚画像、Zスタック画像、焦点合成画像、貼り合わせ画像など)
  • 画像の分析(2D測定、画像加工、3D測定など)
  • レポートの作成(コンタミ解析のレポート出力など)

ラボにある顕微鏡を、自宅から遠隔操作した場合の実例を、動画でご覧ください。

■倍率の変更→ステージ移動→フォーカス調整→画像撮影

■観察方法の切り替え→コントラスト調整→画像再撮影

■過去の測定条件の呼び出し・適用

この記事をシェアする

メールマガジン登録 業務・作業の効率化に役立つ顕微鏡知識をお届けしています。

興味のある顕微鏡の種類

私は、ライカマイクロシステムズ、および、その関連企業(一覧はこちら)から、製品やサービスに関する情報提供を、電話、テキストメッセージ、および/または、電子メールで受け取ることに同意致します。

私は、ライカマイクロシステムズの利用規約とプライバシーポリシーを確認し、内容に同意したうえで、フォームを送信します。
また、ライカマイクロシステムズのプライバシーポリシーでは、私の個人情報の取り扱いに関する選択肢が提供されていることを理解しています。

お問い合わせ・サポート

不明点・ご質問は、お気軽にお問い合わせください。