• Facebook
  • Twitter
  • Share
  • Share
ライカから新登場の共焦点イメージング:STELLARIS のPOWERとは
ライフサイエンス 2020.04.30

ライカから新登場の共焦点イメージング:STELLARIS のPOWERとは

STELLARISの詳細はこちら

STELLARISのカタログダウンロードはこちら

 

ライカの新しい共焦点レーザー顕微鏡STELLARISは、より生命の真実に迫るために「POWER、POTENTIAL、PRODUCTIVITY」の3つを新たに創造しました。第1弾はPOWERをお届けします。

 

1. より明るく、より精細に

少量しか存在しない内因性シグナルも強化された感度により検出

Power HyD Familyは更に高い感度と低いダークノイズにより非常に弱いシグナルでも可視化します。

COS7 mitotic cells: H2B (cyan), Spindle (yellow), Golgi (red), Mitochondria (green), Actin (magenta) Sample Courtesy: Jana Döhner, Urs Ziegler, University of Zurich

 

ライカ独自の新しいフォトンカウンティングのアプローチによる定量測定

Power HyD familyはpower countingにより強化されたダイナミックレンジでのアナログ、デジタル、フォトンカウンティングモードを提供します。

 

2. マルチカラーをよりフレキシブルに

赤領域の検出感度と励起波長帯域を拡張し、より広範囲のマーカーが使用可能に

440-790 nmから8波長までフレキシブルに励起波長選択が可能です。

COS7 cells. Actin (magenta 657-740 nm), Mitochondria (cyan, 760-790 nm), Microtubules (yellow, 810-850 nm) Sample Courtesy: Jana Döhner, Urs Ziegler, University of Zurich

 

複雑さを低減しフレキシブルに:シングルレーザーで多くの観察を

最大5基のチューナブル検出器(410-850nm) と最大8lineまで(440-790nm)のフレキシブルな励起波長選択が可能です。

 

3. ジェントルなライブセルイメージング

最適化された励起と検出による長時間の観察

高速でサンプルに優しいイメージングパラメーターを提供し、励起と検出の最適設定を可能にします。

Zebrafish posterior lateral line primordium migration. Cell membrane (cyan), Nuclei (magenta) Sample Courtesy: Jonas Hartmann, Gilmour Group, EMBL Heidelberg.

 

必要最小限の照明光で観察試料の完全性を維持

必要最低限の励起パワーで効果的なシグナル検出を行うことによりサンプルの状態を無傷に保ちます。

 

シリーズ第2弾 STELLARISのPOTENTIALとは

シリーズ第3弾 STELLARISのPRODUCTIVITYとは

STELLARISの詳細はこちら

STELLARISのカタログダウンロードはこちら

 

STELLARIS のバーチャル体験はこちら

この記事をシェアする

メールマガジン登録 業務・作業の効率化に役立つ顕微鏡知識をお届けしています。

興味のある顕微鏡の種類

私は、ライカマイクロシステムズ、および、その関連企業(一覧はこちら)から、製品やサービスに関する情報提供を、電話、テキストメッセージ、および/または、電子メールで受け取ることに同意致します。

私は、ライカマイクロシステムズの利用規約とプライバシーポリシーを確認し、内容に同意したうえで、フォームを送信します。
また、ライカマイクロシステムズのプライバシーポリシーでは、私の個人情報の取り扱いに関する選択肢が提供されていることを理解しています。

お問い合わせ・サポート

不明点・ご質問は、お気軽にお問い合わせください。